お知らせ

BCSに関するお知らせ情報を記載します。

「BASEBALL CLUB SINGAPORE 創立 20 周年記念祝賀会」のご案内(PDF参照)

2019/02/05 2:40 に bcs-info@bcsgp.org が投稿   [ 2019/02/05 8:43 に更新しました ]

2019 年 1 月29日
BASEBALL CLUB SINGAPORE
関係者、在団生、卒団生並びにご父兄 様
BASEBALL CLUB SINGAPORE
創立 20 周年記念行事
発起人 中田 進
「BASEBALL CLUB SINGAPORE 創立 20 周年記念祝賀会」のご案内
謹啓 シンガポールは常夏ですが、日本におきましては
初春とはいえ厳しい寒さが続いているかと思います。皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃より BASEBALL CLUB SINGAPORE の運営等につきましては、並々ならぬご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、 当クラブは皆様方の温かいご指導とご理解を頂き、今年で創立 20 周年を迎えることになりました。これも皆様方のひとかたならぬご尽力及び温かいご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
つきましては、下記により「BCS 創立 20 周年記念ミニソフト大会並びに祝賀会」を開催いたしますので、万障お繰り合わせの上ご出席下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
謹白

<日時 及び 場所について>
2019 年 3 月 17 日(日) 
第1部 ミニソフト大会 9:00-13:00
第2部 祝賀会 18:00-22:00

<第一部 ミニソフト大会について>
  場所 : BCS アヤラジャグランド
  9:00-12:00 ミニソフト大会
全世代混合チームによるソフトボールスローピッチ対戦。
当日集まった現役の小学生、中学生、 OB の高校生、そのご父兄、並びに OB 及び OB ご父兄による混合チームを数チーム作り、ミニ大会を行う。
* OB 並びに OB ご父兄で参加の方は、 1 週間前までに director@bcsgp.org までご連絡ください。

<第 2 部 祝賀会について>
場所 : シンガポール日本人会 ボールルーム 1.2
18:00- 
18:30-21:00 受付開始
祝賀会
BCS の歴史紹介、歴代選手、監督からのスピーチ及びメッセージ紹介
現役生によるパフォーマンス
*今回の祝賀会は、皆様と楽しい会にしたいと思っておりますのでお気軽に参加の程お願いします。

<会費について> *祝賀会の会費―記念品代も含まれます。
小学生・中学生 20 ドル / ご父兄(現役) 30 ドル
OB 高校生 40 ドル / OB 大学生 50 ドル
OB 社会人 100 ドル / ご父兄(OB) 100 ドル
シンガポール在住の方は、当日、受付にて徴収させて頂きますので、よろしくお願いします。

<出欠確認、名簿整理について>
メールや出欠確認サイトなどを利用し、出欠の確認を取りたいと思います。
多くの選手、ご父兄が日本に帰国し、その後連絡がつかなくなっている場合があります。
各世代で横の連絡を取って頂き、この 20 周年記念行事の開催の連絡をよろしくお願い申し上げます。 20 年間の名簿の整理もあわせて今回行いと思いますのでご協力お願いします。
恐れ入りますが、各世代の監督さん、事務長さん、お世話役さん、お父さん、お母さん有志の皆さん、ご協力の程、よろしくお願いします。

<寄付金のお願い>
今回の 20 周年記念行事は、 OB 並びに OB ご父兄の寄付金で開催の費用をできる限り賄いたいと思っております。また課題でもある BCS の練習グランドの場所の確保については、現在はアヤラジャ(旧日本人会グランド) を年間契約にて行い使用しております。
家賃の高い当地で過去には資金不足でターフシティの専用グランドを手放した経緯もあります
これらの点も合わせて我々OB で、 BCS の子供たちがこれからもシンガポールで野球を続けていける環境作りの意味も込めて、 OB 寄付金を募らせて頂きたいと思います。 ご趣旨をご理解の上、下記口座にお振込みをよろしくお願いします。 一口 5000 円または S$80とさせて頂きます。 OB 社会人、 OB ご父兄の皆様よろしくお願いします。
【振込先】
日本国内での振込の場合 三菱 UFJ 銀行 麹町中央支店
普通 1365905 チョウマル ノブタカ(長丸伸隆)
シンガポールへの振込の場合 Development Bank of Singapore (DBS)
Account No. 004-022968-1
BASEBALL CLUB SINGAPORE
*振込人の記載の際に、 BCS を必ず入れてください。例、 BCS YAMADA TARO

<記念文集作成のための原稿のお願い>
今回の記念行事の一環として、記念文集を作りたいと思います。歴代の監督さん、ご父兄並びに選手の希望者に「BCS の思い出」「BCS で学んだこと」 「ターフシティ での野球」 などテーマは自由に BCS にちなんだ文章を募りたいと思いますので、ご協力の程よろしくお願いします。
各世代で監督さんと選手 1 名以上は最低ラインとして確保したいと思います。
今回の 20 周年記念行事は色んな形で告知します。 是非書きたい、伝えたいと思う OB、OB のご父兄の希望の方もどんどん投稿をしてください。 WELCOME です。 全て掲載します。
原稿送付先 : director@bcsgp.org
*こちらで文字数などの調整で編集する可能性もありますので、ご了承ください。
*原稿には、氏名、生まれた年、入団、卒団年度の記載をお願いします。
例<選手> 山田 太郎 1999 年生まれ 2007 年入団(小 1) 2015 年卒団(中 3)
<ご父兄> 山田 
(山田 和平
太郎 1999 年生まれ 2007 年入団(小 1) 2015 年卒団(中 3))
<監督さん> 山田 和平 2010年度シニア監督

原稿 : A4 サイズ ワード形式フォントサイズ 10.5 で 770 文字程度(A4 サイズ半分)
もしくは 1440 文字程度(A4 サイズ フルページ) 横書き
原稿締め切り日 : 2019 年 2 月 24 日(日)
記念誌編集作業 : 2019 年 2 月 25 日(月)-3 月 3 日(日)
印刷物提出 : 2019 年 3 月 4 日(月)
<記念 T シャツ作成について>
現在、記念行事委員会で、 MIZUNO 様にスポンサーになって頂き、 MIZUNO 製の T シャツを記念 T シャツにしていただくことで動いております。 こうご期待!
以上、 よろしくお願いします。

お問い合わせ先
<BCS20 周年記念行事運営事務局>
BASEBALL CLUB SINGAPORE
34 DRAYCOTTO DRIVE, #01-02 JC DRAYCOTTO, SINGAPORE259426
事務局長 中田
携帯電話 
Email +65-9785-7550

<原稿の例>
<選手>
「BCS での思い出」
山田 太郎 1999 年生まれ 2007 年入団(小 1) 2015 年卒団(中 3)
私は小学 1 年から中学 3 年まで BCS に在籍しました。 はじめは、、、、、、

<ご父兄>
「ターフでの思い出」
山田 和平
(山田 太郎 1999 年生まれ 2007 年入団(小 1) 2015 年卒団(中 3))
朝 6 時 45 分、朝霧に包まれたターフシティは朝日と重なり幻想的な光景で始まる。時間がたつにつれ太陽の強い光で霧は晴れ、砂交じりのグランドと朝露に輝く芝の外野が顔を表す。その時の深呼吸はとても気持ちいい。息子が BCS に在籍した、、、、、、

<監督さん>
「紅白戦」
山田 和平 2010 年シニア監督
シンガポールでシニアの子供たちと野球をしていましたのは、 8 年前の事ですがもっと遠い昔のように感じます。いろんな遠征や大会にも参加し、みんなと一緒に勝ち負けを共有できたことは今となっては私の財産でもあります。グリーンの「あと、一つ」を聴くだけであの当時のことが鮮明に蘇ってきます。グランドへの車での移動、大会後の車での移動、車の中では、励ましと決意と反省と怒号が飛び交っていたことを今は懐かしく思いだします。 親父さん達とも、、、、、  


2018年度BCSシニア監督挨拶

2018/04/17 6:07 に bcs-info@bcsgp.org が投稿

2018年4月より小学部シニア(6、5年生)監督を務めさせていただきます加藤と申します。

現在、シニアは約30名の選手が所属しており、練習は土日の‪午前8時30分~12時30分‬で行っております。

2018年のスローガンは挨拶、感謝、プラス1です。

挨拶が生活のすべての始まりと考えるから、挨拶を軽視せず、しっかり日常生活でも行って欲しい。
挨拶一つで、人と人とのつながりが深くなると信じています。

二つ目は感謝です。
練習を共にする仲間、いつも応援してくれるご父母、そして、BCSを献身的に継続的にサポートして頂く関係者の方々がいるからこそ
私達はこのシンガポールの地で野球をさせてもらえているという気持ちを忘れずに、何事にも常に感謝の気持ちを持っていて欲しいと思います。

三つ目のプラス1、個人で自分に相応しい言葉を考えて欲しいとの思いで選んでます。
この年が終わる最後に自分が思うことを率直に言葉に表現する為には常日頃から意識しなくてはなりません。
野球であれば一瞬、一球ですべての状況が一変します。だからこそ、一瞬、一球を意識し大事にして欲しい思いもあります。

小学生は人間形成途中でまだまだ未熟かもしれませんが、常に意識し考える事で人間力は研かれると信じています。

貴重な人生の歩みの中、シンガポールで野球を通じ、めぐり合った仲間と切磋琢磨し、一つのボールを追いかけるのは非常にいい体験になり、個々の人生に於いても尊い体験になるに違いありません。

最後にBCSの運営はご父母の皆さんで行っており、無理のない範囲でご協力をお願いしております。
もし、ご興味がありましたら一度グラウンドまで是非お越し下さい。

BCS 小学部シニア監督 加藤(かとう)

2018年度BCSジュニア監督挨拶

2018/04/17 6:05 に bcs-info@bcsgp.org が投稿   [ 2018/04/17 6:06 に更新しました ]

BCS小学部ジュニア(4年生以下)監督の田村と申します。

BCSジュニアは、基本的に毎週土曜日の朝8時30分から12時30分まで練習を行っています。
年数回の大会前には、約1か月前から日曜日も練習を行います。

選手数は2017年4月1日現在21人で、日本人は勿論のこと、様々な国籍の子供が混ざり合い、野球が大好きな仲間たちで仲良く練習に励んでいます。
小学校4年生以下のBCSジュニアメンバーは皆、野球を始めて間もないことから、まずは野球を好きになってもらえるような活動に注力しています。その中で野球の基本を学び身につけていただき、生涯に亘り野球を好きになってもらえるような指導に心がけています。この年代ではまだ集中力が持続できない子供たちも多いため練習メニューを工夫し、楽しみながら野球の基礎を学び、毎週の野球を楽しみにしながら、知らないうちに上手くなっていくような練習にコーチ役の保護者一同で取り組んでいます。

今年のチームのモットーも、

BCSの頭文字を使って

By ourselves (自分達で)  ・・・ 自分たちで主体的に考えた野球に心がける。

Challenge (挑戦する) ・・・ 次のステップに挑戦できることを楽しみにワクワクしながらプレーする。

Support (サポートする) ・・・ 仲間のミスを責めずに励ます。All for one, One for all. チーム活動を大切に。

とさせていただいております。

異国の地で、多国籍な環境で野球をすることは、野球というスポーツを通じて diversity (多様性) を認め合うこと。子供たちにとって、野球が上手くなること以上に、人格形成上特別な経験となることでしょう。

低学年の未経験者でも大歓迎です。 まずは見学や体験から、お気軽にどうぞ。
私の息子もそうでしたが、数か月でお子様も、あらゆる運動神経を駆使する野球というスポーツに目覚めることでしょう。

BCS小学部ジュニア監督 田村(たむら)

BCS小学部(小学生1年~6年)体験会@4/22(日)

2018/04/17 2:36 に bcs-info@bcsgp.org が投稿   [ 2018/04/17 6:09 に更新しました ]

BCS小学部 体験会開催

4月22日(日)8:30~12:30

アヤラジャグラウンド

 Ayer Rajah600 West Coast Road 127445)


・途中参加可能です。

・スポーツが出来る格好(ユニフォーム可)で帽子、水筒、グローブ(所有していれば)を持参してください。


お問い合わせはコチラ

Email: u12@bcsgp.org

TEL :  9488-4948 (為広)

2017年度U12監督挨拶

2017/05/06 18:58 に bcs-info@bcsgp.org が投稿

20174月よりBCS小学部シニア(5,6年生)の監督を務めさせて頂きます山崎と申します。

 

小学部シニアは週末土曜、日曜の午前830分から1230分まで練習を行っており、

20174月現在約30名の選手たちが所属し、汗を流しています。

チームの運営はご父母の皆様の協力のもとで成り立っており、無理の無い範囲でのご

協力をお願いしております。

 

選手の国籍は日本のみならず、地元シンガポールを始め他国籍の子供も所属しており、

国際色豊かなチームとなっています。

試合もシンガポール、マレーシア、日本、台湾などで開催される大会に参加しており、

選手たちにとってもいい経験、思い出が出来る絶好の機会があります。

 

今年のチームモットーは「自主性」です。

野球をする以上、選手たち全員が上手になりたい、試合に勝ちたいと思っています。

では、どのようにすれば勝てるのか、何をすれば上手になるのかを選手である子供たち

が自ら考え、行動に移すことを微力ながらサポートしていきます。

考えることは野球技術の向上を目的としたものだけではなく、野球を通して様々な経験を

することで一人の人間として成長をして欲しいとの思いもあります。

 

また、BCS創設以来引き継がれている礼儀、相手を敬う心、全ての方々()への感謝の

心を持つことも教えていき、次世代に繋がるチーム運営を心がけていきたいと考えています。

シンガポールは野球先進国の日本と比較すると野球をするうえで万全な環境が整っているとは

いえません。しかし、そのような環境であるからこそ、シンガポールで野球が出来ることの喜び、

環境を整えてくれている周囲への感謝を選手たちは忘れることはありません。

 

子供たちの日本での野球経験の有無は問いませんので、ご興味のある方は是非ご連絡ください。

子供たちにとっては長い人生の中で貴重で楽しい経験が間違いなく出来ると思います。

 

 

2017年度U10監督挨拶更新

2017/04/16 6:28 に bcs-info@bcsgp.org が投稿   [ 2017/04/16 6:44 に更新しました ]

    

BCS小学部ジュニア(4年生以下)監督の芦澤です。

 

BCSジュニアは、基本的に毎週土曜日の朝830分から1230分まで練習を行っています。年数回の大会前には、約1か月前から日曜日も練習を行います。

 

選手数は201741日現在13人で、日本人とシンガポール人の子供が混ざり合い、仲良く練習に励んでいます。

 

ジュニア年代は皆、野球を始めて間もないことから、まずは基本を身につけることが第一と考え、基礎練習に多くの時間をかけています。一方、この年代はまだ集中力が持続できないため、メニューの種類を増やしたり、ゲームを取り入れたり、コーチ役の保護者皆で工夫をしながら取り組んでいます。

 

今年のチームのモットーは、


BCSの頭文字を使って

By myself(自分で)  ・・・ボール拾い、あとかたづけは自分でやる。

Challenge(挑戦する) ・・・目標を持って取り組む。練習中は歩かない。

Support(サポートする)・・・仲間のミスを責めずに励ます。声を出す。

としております。

 

異国の地で、多国籍な環境で野球をすることは、子供たちにとって、野球が上手くなること以上の、人格形成上、特別な経験となることでしょう。

 

私の息子もそうでしたが、低学年の未経験者でも大歓迎です。

まずは見学や体験から、お気軽にどうぞ。

 

BCS小学部ジュニア監督 芦澤(あしざわ

沿革など

2016/10/30 5:02 に bcs-info@bcsgp.org が投稿   [ 2016/10/30 5:21 に更新しました ]

・1998年1月:SANNYさんが発起人、長丸さん、内田さんが中心メンバーとなり発足されました。同年11月、アジア野球連盟主催、BCS大会運営による7カ国参加の当地で初の国際少年野球大会が開催されました。

・1999年7月:Ministry of Home Affairs (シンガポール内務省)の管轄するRegistration of Societyに登録が承認されました。

・発足から1年半の99年7月の当時のメンバーは、小学生のみでシンガポーリアン40名、日本人50名、アメリカ人5名、合計95名であった。(当時の日本人運動会の昼食時にBCSを紹介した原稿より)

・BCSの活動目的は1999年に文書化され、BCS GOALとして発表される。そこには違うコミュニティの子供が一緒に野球をするという学校でもないユニークなクラブを目指す創立メンバーの思いが書かれている。

2000年 U15が第1回パンパシフィック大会(フィリピン)に参加し、2001年の第2回大会はシンガポールで開催、成功裏に終える。2004年からは毎年10月に南アジア大会を主催し、今年は第13回目となりました。

・2016年10月現在、中学部27名、小学部シニア(5・6年)24名、小学部ジュニア(4年以下)26名の77名が所属。小学部は今でも国籍多彩な構成となっています。




2016年度U10監督挨拶更新

2016/06/14 22:07 に bcs-info@bcsgp.org が投稿

2016年度シニア(Sr.)の監督挨拶を更新しました。

2016年度 U12監督挨拶更新

2016/03/27 18:28 に bcs-info@bcsgp.org が投稿

2016年度シニア(Sr.)の監督挨拶を更新しました。

U15(中学部)監督挨拶更新

2016/03/22 6:31 に bcs-info@bcsgp.org が投稿   [ 2016/03/22 6:35 に更新しました ]

中学部監督の挨拶を更新しました。

1-10 of 52

Comments