Home‎ > ‎BCSとは?‎ > ‎ご挨拶‎ > ‎

BCS、15年目を迎えて

BCS、15年目を迎えて

1998年にシンガポールに野球を普及する目的で少年野球クラブBCS(Baseball Club Singapore)を設立してから早いもので14年になります。
日本と異なり野球と縁が薄い当地に於いて、数年毎に入れ替わるメンバー、野球場確保など難しさを乗り越えて多くの子ども達が野球を通していろんな事を学び、経験し、巣立って行けたのも皆様のご支援、ご協力のおかげです。この場をお借りしまして心より御礼申し上げます。

基本的な考え方、お願いは下記「11年目を迎えて」と変わりませんので、併記させていただきますが、使用グランドの状況、アメリカン・ローカルとの交流の広がりなど一部変化があります。今年も暑いシンガポールで目を輝かせて野球に取り組む、将来を担う"子ども達のために"一緒に汗を流して、更に充実した少年野球活動を目指しましょう。

◆ローカル、アメリカンコミュニティとの交流・国際大会への参加

各種団体のご協力、諸先輩方のご努力でBCSの存在が認められ、関係が深まったことで、別紙年間活動計画にありますように多くの国内、国際大会への参加が予定されています。社会のグローバル化が進む中で日本にいてはなかなか得難い機会です。これら交流、国際大会参加で貴重な体験を子ども達にさせてあげましょう。

それと、現在BCSは日本人主体のクラブになっていますが、活動目的に記されているように、「シンガポールに住む全ての子ども達に野球を普及させる。」多国籍国家シンガポールに相応しい少年野球クラブを目指して設立しました。ローカルや他のコミュニティの子ども達が入りやすい配慮(英語での指導等)、環境作りに引き続き努力しましょう。

◆指導者へのお願い

各カテゴリーの監督、コーチは毎年そのチームのお父さん方の互選で、最も相応しい方にお願いしています。 皆さん暑い中で仕事と出張をやり繰りして休日返上でボランティア精神を発揮して熱血指導いただき感謝しています。
その年によってチーム構成が異なりますので、ベストな指導方法を皆さんで模索しながら進めていただく形を取っていますが、BCS結成以来の基本的な指導方針を別紙「BCS各カテゴリー、監督、指導者にお願いしたいこと」としてまとめていますので、参考にしてください。

15年目を迎えてメンバーが増えたこともあり、おかげさまでしっかりした組織が出来ました。
ホームページも一新されました。関東を中心としたBCS OB会も発足しています。
ご縁があってシンガポールで一緒に少年野球が出来ることに感謝し、今年もLet's Enjoy Baseball!

2012年5月10日
Baseball Club (Singapore)
Sunny Sultan
長丸伸隆


Comments